小型タンクによるアクアリウム

angelfish

小型水槽で本格的なアクアリウムをやってる人ってひょっとして居ないんじゃないか?
と,思って準備していたのですが,もっと小型のタンクでやってる人がいっぱいました.
(久しぶりにアクアリウムの世界に戻ってみると,メチャ進歩していた;;)
今後更新は緩やかだと思われますが,同じ道を歩む人の為に残しておきます.

新水槽

長く使っていた旧水槽は所詮プラスチック製の玩具なので,やはり透明度が気になっていました.
ライトも専用しか載らないので,最後には専用ライトを90度ずらせて,そのすき間にクリップ式を増設する始末….
そこで,ホームセンター徘徊中にテトラの水槽が外掛け式フィルターとセットで \1,980- で売っているのを発見しました.
フィルターを売却したとして,水槽そのものの値段は,アクア業界にスレきった自分的に許容範囲内ではあります.
どうせならという事で,安売りの電球型蛍光灯(一個\500-位)とソケット,配線回りを購入し,照明系を自作する事にしました.

結果,約 \2,200- で完成した照明システムは,目に見えて透明度が上昇し,更に最近流行りのオープンアクアリウム式になった事に満足しています.
水槽も,セットのフィルターを売却したら実質 \980- 位になるので,Co2 ミキサーとガラス蓋(ガラス屋で注文)代を含めても,全部で約 \5,000-位になります.
(注: これに至るまでの勉強代/雑費含まず….昔,散々金を注ぎ込んだ事はこの際忘れましょう…)

新水槽の全盛期タンクデータ

tankTetra 41x21x26
filterEheim 2211
light電球型蛍光灯 20W 相当 x5 / 自作セード & 自作ラック
Co2自作 Co2 ミキサー / 小型ボンベ
底床ADA アクアソイル アマゾニア 約 4cm
水温24(±1) 度
水温計NISSO ND-05 電子式水温計
thermostatFive Plan 製EX-003 電子式
肥料
  • メネデール.カリウムベースらしい.イオン化鉄配合.不足気味になりがちなカリウムはこれで補給する.コケないのが良い.
  • 木酢液.その時手に入る適当なものを利用.有機酸補給と言われているが,個人的にはコケ予防という位置付け.

肥料について

ハイポネックス,メネデールは軟水で 10倍に,木酢液は 20倍に希釈している.
換水時や水草の状況に応じて希釈液を 10mL/10L 程度投入するが.通常はメネデールだけで良いかも.
ここに挙げたものはアクアリウムではポピュラーに使われているもので,一般的には扱いやすいと言われているものだが,配分が固定されている分,逆に難しい面もある.
例えば生体数が少ない場合等,極端な貧栄養状態では窒素が不足する事は有り得るので,園芸用肥料を使うからには初心者と言えど自分の水槽に合った配合の肥料を始めから選ぶべきである.
とは言え,先見の明でその先もずっと使い続けられるものを購入するというのも難しいので,ある程度の汎用性を意識して何種類か選んでおくのが良いと思う.

新水槽の写真

20040109 2004/01/09
設置から四日目.
フィルターは以前から回っているとはいえ,ほぼリセットの状態.
マヤカを増やす為,細切れにして後景に植えている.
20040112 2004/01/12
システム全景.ライトを 5灯に拡張した.明るすぎ(--;
彼女に「この水槽芸能人が住んでるの?」って言われました.確かにスポットライトっぽい.
ちなみにセードはペットボトルで,この為に 10L ものミネラルウォーターを飲んだ;;
井戸水と新しい大磯のせいで pH,硬度が下がらず,ゼオライト処理水を作って 50%換水を二日開けて二度実行した.
現在の所,この作業で,元々の GH8 を GH3 に下げる事に成功している.あと二度も繰り返せば GH1 台に落ちると思う.
植木鉢の中は ADA アクアソイル アマゾニア.調子の思わしくないトニナ,ルドヴィジア,ロタラ・ワリッキー(リスのしっぽ)を退避中(命からがら).
tank
co2
pipe

2004/01/14
友人宅からマヤカの新芽が入荷.取り敢えず前景に植えて成長を待つが,エンゼルが引き抜くのでその度に植え直している(--;(写真一枚目)
発酵式 Co2 は小型ボンベに取って変わった.電磁弁付きタイマーによってコントロール.現在 1滴/2秒で様子見中(写真二枚目).
来るべきソイルへの底床張り換えに備え,エーハイムパイプを自作.
左から直角エルボ(給水),直角エルボ(排水),シャワーパイプ(2213と同じ径),給水パイプ,シャワーパイプ.
給水パイプには,撒き上がったソイルを吸い込まない様,小型のプレフィルターを付けた.上向きにしているのでスポンジのメンテナンスも楽な筈.
シャワーパイプは目立たなくする為,底床付近に設置し,下から上に吹き上げる(写真三枚目).
20040118
20040118
2004/01/18
際限なく硬度を上げ続ける大磯に嫌気がさし,ソイルに張り換えた.
コケ予防としてオトシンを一匹追加.
写真はセット後,一日経った状態.
だいぶ収まったものの,まだ白濁している.
南米水草をやる為の環境が整いつつあり,水質調整のコツも掴めてきたので,実験的にトニナを 5本 入れてみた(写真一枚目).
Co2 コントローラーは使いやすい様,ラックの上部に固定した(写真二枚目).
20040127
20040128-placarium
2004/01/27
トリミング後の写真.これで全ての水草の葉が水槽で展開したものになった.マヤカは爆殖にリーチ.
フィルターと底床を軽く掃除した上,エンゼルを旧水槽に退避し,オトシンとヤマトヌマエビと石巻貝を追加.
友人宅より入荷したリシアは近所で取ってきた薄い頁岩のような石に巻いた(ネットでは厚みが気になるので).
エサを投入する必要がなくなった為,貧栄養の維持が期待出来る.
前回セット時にソイルに染み込ませた浮泥は失敗だった.というか,浮泥というより未分解のままの有機物が堆積しただけという感じで,コケまくった.
現在は生物兵器を投入してトニナのリブート待ちの状態.活性炭は透明度の回復を早める為に使用中(写真一枚目).
ダイソー(100均)で買ったコレクションケースだが,目的の品物が入らなかった為,プラケリウムに変更.
こんな事もあろうかと,同じく100均で赤玉土(ソイルの代用品)を買っておいた.
住人は今のところヤマトヌマエビ一匹のみ.スドーのブリーディングフィルターSS を回しているが,フィルターなしでもいけると思う.(写真二枚目)
20040201
2004/02/01
友人のデジカメで撮影.
失敗作のゼオライトチェンバーで作った水は,換水後,一日でコケコケに(--;
我慢できずに再び換水した直後の写真.
20040206
2004/02/06
マヤカが増えすぎるので,ミクソをエンゼル水槽に退避.
トニナは水槽で展開した新芽部分を残し,差し戻した(ちょっと短すぎ(--;).
20040216
20040216
2004/02/16
増えすぎたマヤカをペットボトル一本分位捨てたにも関わらず,本数は何故か増えている(--;(写真一枚目)
フルゴールドがメインタンク内で稚魚を放出してしまい,回収に手間取った.約30匹のバックアップ達(写真二枚目).
20040226
20040226
2004/02/26
トニナはかなり成長が早くなってきたが,まだまだ量が足りない.イニシャルスティックを設肥したので加速すると良いのだが.
クネクネ曲がってまだら模様になるダサダサのルドヴィジアなんぞ使ってられるかよ,という事で三日程前にアマニア・グラキリスを導入.そのついでにパロット・フェザーも追加.どちらもまだショップでの葉なのでしばらくは見苦しい.
レイアウト的にも単に追加しただけなので,次回トリミング時にでも場所を修正する予定(写真一枚目).
プラケOFが稼働状態になった.後はバクテリアの調子を見つつ,プラチナエンゼルやタイガー・メデューサを引越しさせる予定(写真二枚目).
20040413
20040413
2004/04/13
第一期トニナ増殖計画がほぼ完了した時の写真.この後,さらに増殖を繰り返し,水槽全部をトニナで埋め尽くす事に成功するが,藍草駆除の為に投入した木酢とCo2の枯渇により全滅する事となる(写真一枚目).
フルゴールドの稚魚はそれほど成長していない(写真二枚目).
20040620
2004/06/20
フルゴールド稚魚.
やはり成魚が小さい為か,あまり成長している様には感じられない.
とはいえ,フレークを食べられる様になった.雌雄の判断もつくのでそろそろ分けないといけない.

タイガー・メデューサ

やはりグッピーを飼い出すと,どうしても国産に目がいってしまう.
という訳で,稚魚を買ってみた(--;
この日の為に,今までに飼っていた外産グッピーが病気を持っていないか,安い国産をパイロットとして泳がせたりもした.

tiger-shop
ちなみに,これが購入したショップの個体である.
これと同等の親魚から取れた稚魚らしい.

20040207
2004/02/07
到着当日.ビニール袋に入っていた水と共にプラケに移し,エンゼル水槽に浮かべている.
生後12日.どうみてもヒメダカである(--;
殻なしブラインは食べない.
20040413
20040413
2004/04/13
それぞれ順調なタイガーメデューサ.オスとメスを分けた.
20040620
20040620
2004/06/20
完全に成魚になった.尾ひれの中落ち個体が目立つが二匹位は使える.そろそろ繁殖に使う.
20040902
20040902
20040902
20040902
20040902
2004/09/02
トニナの全滅とプラケ OF の解体により,メインタンクをソイルから大磯に戻した.水草もミクロソリウムのみである.
結局飽きてしまえばメンテナンスの手間が掛からないのが一番なので,タイガーメデューサを普通サイズの水槽で飼おうかと.
しかも,すでに稚魚が生まれているのだが,特に隔離などはしていない.

ブラインシュリンプについて

15年以上保存されていたブラインシュリンプの鮒化率がゼロパーセント(--;だったので,殻なしブラインを作ってみた.

brine

作り方

  1. 水槽水をプラケに適量取り出す.
  2. その中にブラインエッグをザーっとあける.
  3. その状態で1~2時間水分を吸わせる.
  4. 水の量が三倍になるまで塩素系漂白剤(今回はブリーチを使用)を加える.
  5. オレンジ色になるまで様子を見ながら撹拌する(5~15分程度).
  6. 布で漉し,塩素を抜く為に流水で洗う.
  7. 紙に広げ,ライトを当てて乾燥させる.

なんか便利すぎて,エア入れて24時間とかもうやってられないかも.

井戸水の軟水化について

うちの井戸水は GH が 8 あります.
幾らミキサーと照明システムを自作して,小型水槽に高照度,高Co2 という条件を実現したとしても,水質をなんとかしなければ難種と言われる水草は育てられません.
実際,これらの種は目に見えて元気をなくしてきたので,飼育水を調節する事にしました.
以下,その記録です.

GH/pH の変化.

やはり新しい大磯からの溶解物質が硬度を上げ,アルカリ化している.
元々硬度の高い井戸水を更に硬水化させてはたまったものではない.
Co2 強制添加にも関わらず,このままでは pH は一向に下がろうとしない.

イベント GH/pH
溜水 8/7.2↑
飼育水(夜間) 8/7.0↓
50%換水(ゼオライト処理済) 4/?
二日後(夜間) 5/7.0
40%換水(ゼオライト処理済) 3/7.0
二日後(夜間) 4/7.0
50%換水(ゼオライト処理済) 2/7.0↓(Co2を増やした為?)

二日で GH が 1 も上昇するのは痛すぎる.
実は,三日後にどういう変化を見せるのかも実験する予定だったのだが,すでにソイルに移行する事でほぼ決心が固まっていたので,すっかり測定を忘れていた.
下手すれば 2 上がっていたかも知れない(ソイルに交換する三日前,GH は 2だったが,ソイル交換後に GH0~1 の水を50% 足した所,GH がおなじく 2 だった.つまり交換直前は GH 4 だったという事では).

で,ソイル交換時,大磯を撤去しながら,どれだけの貝殻が混入しているのか,ざっと調べてみた.

shell

これが約3kg の新品大磯に混じっている貝殻である.
しかも,目に見えるだけでこれだけなので,実際にはもっと混じっていると思われる.混じりすぎ(--;
こんなのが,高濃度の Co2 で熔かされてはたまったものではない.
はっきり言ってナチュラルリーフ水槽のカルシウムリアクター状態である.
そりゃ,トニナも枯れるわ(--;

ゼオライト処理に要する時間.

ゼオライト処理チェンバー(底面式).

zeolite

旧水槽に底面フィルター(付属していたもの)を設置し,活性炭サイズのネット入りゼオライトを三袋置いてエアレーション.
水量は 10L程度.

処理時間GH
08
14
22
31
4恐らく0~1

ゼオライト処理チェンバー2(バケツ投げ込み式).

zeolite

旧水槽がエンゼルに占有された為に作成.中央は活性炭.
エアリフト用のパイプを設けるべきか迷ったが,適当な素材が見付からなかった上,ろ材容積が著しく減ってしまうので,必要なしと判断して簡略化してある.
以下,作り方.
まず 500ml のペットボトルを切断する.この時,後で出てくるスノコが引っかかる様にミゾを残すのがポイント.
次に,底に 2ミリ程度の穴を適当に開け,上部と下部には 5ミリの穴を開ける.
上部にキスゴム,下部にエアストーン(なければジョイントで OK)を取り付ける
園芸用のネットでスノコを二枚作り,スノコ,ゼオライト/活性炭,スノコの順に入れて完成.

こいつは使い物になりません.
濾材同士がこすれ合って,活性炭とかだと悲惨な状態になります.

処理時間GH
44
52
62
72
82
92(--;;
100~1やっと;;

処理能力が低くて使えなさすぎ(--;改良の余地あり.
ゼオライトチェンバー1 に比べて,どうも下降パターンがおかしすぎ.
そこで9時間目に考えた.4時間目あたりで何をしたか.
オートヒーターを投入した様な….
む,なんか解った気がする.大磯に埋めて長く使っていた様なヒーターってガラス質のものが焼結しますね?
どうも,こいつはガラス質じゃなくてカルシウム分かも知れない.
こいつが熔け出して硬度をあげてるのでは?
と思って調べてみると,ヒーターのガラス質は投入前よりも簡単に削り取れる気がする(つまり,熔け出しているという事では).

ゼオライト処理チェンバー3(水作タイプ)

zeolite

結局,水作っぽい構造に落ち着きました.
バルクな CDR のケースで作成.
が,強度的に不安なので作り直すかも.

ゼオライト処理チェンバー4(ほぼ完成品)

zeolite

ゼオライト 3袋,活性炭 5袋入り.
かなり大きくなってしまったのでバケツに投げ込むと処理出来る水量が大幅に減る(--;

処理時間GH
08
22
30~1

処理能力はまるで問題なし.
活性炭を多用する事で白濁も殆んど気にならない.フィルター内部の水を取り出さない限りだが.
という事でこれで完成.

テトラ PH/KH マイナス

汲んだばかりの井戸水にテトラ PH/KH マイナスを使ってみた.
PH 調節の後,ゼオライト処理をする予定.先に PH を調節する理由は,PH/KH マイナスを使う時,KH が高い方が PH をコントロールしやすい(筈の)為.
つまり,ゼオライト処理によって,KH も若干下がっている(かも知れない)と仮定すると,PH/KH マイナスを使った時,PH 変動が大きくなる.そうなると調整がやっかいである.
汲んだばかりの水には溶解酸素が豊富に溶け込んでいる.理屈でいえば,これをそのまま放置すれば若干 PH は下がる可能性があるが,どのみちエアレーションするので,溶存酸素(およびCo2)の事は今は考えない事にする.
水道水の場合だと,エアレーションによって PH が変わる事は大いにあり得るので,先にゼオライト処理(及びその所要時間を使っての塩素抜き)をして,PH が安定した状態で PH/KH マイナスを入れた方がコントロールしやすいと思う.

で,早速実践だが,汲んだばかりの水(PH7) 9L に テトラ PH/KH マイナスを 1ml 添加した.

入れたばかり若干下がったかな?程度
4時間後6.8(下がった気がするだけかも)
8時間後6.8↓(明らかに下がってはいるが,非常に緩やか)
24時間後6.6↓(KH が高い為,1mlではそれ程下降しない模様)

効果が少ない為,この時点でさらに 2ml 追加した.

24時間後6.2↑(これならいける!)

換水時にゼオライトと共に pH/KH マイナスを 2~3ml 使う事にする(勿論様子を見ながら).

結果: リン酸ベースが悪いのか 2~3mL/10L ではコケコケになります.

DC ファン

夏の暑さ対策としてファンを用意してみた.パソコン用の静音ファンで余っていたものがあったので流用.
色々くっつけられるところがこのラックの良い所でもある.

fan

AC アダプタは,ギター用のラック式エフェクターのアダプタが 12V で丁度良い.
コンパクトエフェクター用は 9V なので回転が遅いかも.静音じゃない普通のファンなら回転が遅くなって音も小さくなるので良いかも知れないが.
作り方は,コードをぶった切って,パソコン用ファンによくある 3pin コネクタを幾つか並列に半田づけし,収縮チューブで締めて終り.
専用コネクタボックスとか小技なんぞ必要なし.シンプルイズベスト.

Co2 ミキサー

以前,三回自作に失敗した事があり,自作は諦めていたのですが,今回は以前の教訓を生かして家庭用の容器を一切排除し,全て塩ビで構成しました.
家庭用容器等では明らかに密閉に問題があります.
下手に家庭用容器を買って作ろうとすると,失敗を重ねているうちに材料費だけで既成品が買えてしまう…といった事にもなりかねません(実はやってしまった).

mixer

完成した自作したミキサー.
太く低い構造はガスとの接触面積が大きく,高効率が期待出来る.
実際,発酵式などでは能力不足で,ガスは入れれば入れるだけ溶けますので,強制添加ならボンベ式が必要になるでしょう.
うちでは小型ボンベを使っています.


旧水槽

だいぶ前ですが,KANEDA が死亡した為,現在ではプラチナエンゼルのしらす君が泳いでいます.
ずっと放置モードだったのですが,友人が熱帯魚を始めた為,その影響で少しづつ手を入れ始めました.
で,友人が散々無駄なパーツをホームセンターで買ってくるので,手本を示す為にも一発気合いを入れて Co2 ミキサーを自作しました.

2004/01 旧水槽の最後のタンクデータ

tankFive Plan 製約 13L 楕円柱型
filterEheim 2211
light電球型蛍光灯 20W 相当 x2
Co2自作 Co2 ミキサー / 発酵式
底床大磯約 5cm
水温25.1 度
水温計NISSO ND-05 電子式水温計
thermostatFive Plan 製EX-003 電子式
肥料ハイポネックス開花用,メネデールブレンド

旧水槽の最後の写真

20031221 2003/12/21
放置モードの頃の写真(友人のカメラで撮影).一応,換水後の写真.
20031221 2003/12/29
Co2 ミキサー導入後の写真.それに対応させる為,後付で一灯増設.
20031221 2003/12/31
ショップ開拓中の戦利品を追加.ちょっとやりすぎか?(--;;
20040105 2004/01/05
やはりテンプルが邪魔になったので抜いた.

旧水槽の中期の写真

旧水槽の初期の写真

a0全景.容積は僅か 13L しかありません.
やっとちょうど良い流木を水を抜いた池からGET.現在第二期活着中なので輪ゴムが見苦しいですが.
co2500ML ペットボトル使用のお手軽 Co2 発生器.
水と砂糖をゼラチンで固め,イースト菌の発酵作用で二酸化炭素を取り出します.
co21
換水後はこんな感じで気泡をつけはじめます.
g00我がミニチュアタンクの主役,ゴールデンエンゼルの KANEDA です.いま名付けました.
g01餌を食おうとしている KANEDA です.
食う瞬間も撮れましたがピンぼけになったので没.
g02体のラインが美しい KANEDA です.鰭を除いた体高は百円玉程度しかありません.
j00コリドラス・ジュリーのジュリア.当然今命名.
こいつは恥ずかしがり屋なのか,なかなか良い写真を撮らせてくれません.
j01やっと前景に出てきてくれました.
j02ジュリアは写真写りが悪いようです.全部ピンぼけになってます.
背後にはオトシンクルスが写っています.
こいつはいつも隠れててなかなか写真を撮れません.
o00と思ったら次の日帰宅すると良い写真を撮らせてくれました.
k00クーリーローチのウッシー.命名は…以下略.
この顔,何となく牛っしょ?
k01うちに来た時は底面フィルターの中がこいつの住処でした.
近頃は随分と肝がデカくなりました.
k02ジュリアもこいつも掃除屋なのに,全然仕事してる気配がありません.
n00アヌビアス・ナナとウイローモス.
よく言われるようにナナは成長が遅く,うちでもすぐ苔に覆われます.
t00ミクロソリウム・トロピカ.
これは一株しか譲って頂かなかったのでうちでは希少価値が高いです.
w00ミクロソリウム・ウィンディローブの大株.
と言っても直径十センチくらいですが,うちではこれでも大株.
w01近くで見るとこんな感じ.
ウッシーがよく絡まって戯れてます.
y00ナノ・マシンその一.
近くのフィールドで採取したヤマト・ヌマエビです.
y01ナノ・マシンその二.
体長は二センチくらいです.
現在七〜八機棲んでますが,一時期五十匹くらいは居ました.
y02ナノ・マシンその三.ナナを掃除してくれてるようです.
一時期魚が多かった時は餌も多く与えていたのですが,その時はこいつらテトラミンしか食いませんでした.

[../] Back


Let There Be FREE!!
Powerd by Gentoo+GNU/Linux-libre+BFS. Copyleft© mannequeen.net
ACCEPT_LICENSE="-* @FREE" emerge -ND world && USE="deblob" emerge ck-sources && echo 'Let There Be FREE!!'
loading cpu0: 0.8% cpu1: 0.6% cpu2: 0.5% cpu3: 0.5% 4x Intel® Atom® Processors 1500MHz
dummy

web design!! hosting service (~\500/m)