ヘリバカ日誌

という訳で始めてしまいました.
ラジコンで遊ぶのは良いとして,クルマに全然興味のない俺は,空モノかヨットかどちらかだと考えた.
ヨットは,やるならまた実物に乗りたいし,どうせなら一番操縦が難しいとされるヘリもそろそろ覚えても良いかな,と.

しかし,昔は RC ヘリと言えば金持ちの道楽だったが,今では中国製の怪しいヘリのおかげで,極めて安価に遊べる様になった.
いま,我々が安く遊べるのは,先人達が高い勉強代を払ってきてくれたおかげである.
(これが PC や宅録の分野では,俺がそうした勉強代を払ってきた立場なのだがw)
やってみると解るが,ホバリングを習得するまでに何十回と落すのが当り前である.
安価で小型な電動ヘリはおろか,シミュレーターさえない時代,エンジン式の大型ヘリで,ワンクラッシュが冗談抜きでン万円という時代からやってる先人達の努力と,空への飽くなき欲望と,何の生産性もない負のエネルギーを考えると,まったくもって驚きという他ない.

何が面白いのか?

他のラジコンなんかだと,改造するにしても,モーターパワーを上げまくればそれで良いみたいなところがある.
けど,ヘリに関して言えば,パワー==正義とか,一点豪華主義みたいな考えには,クソ程の価値もない.
重要なのは,バランスであり,合理性であり,洗練度であり,蓄積されたデータである.
その上でかつ,熟達した飛行技術があって,はじめて「ただ単に飛ぶ」という目的が達成されるのである.

Contents


[../] Back


Let There Be FREE!!
Powerd by Gentoo+GNU/Linux-libre+BFS. Copyleft© mannequeen.net
ACCEPT_LICENSE="-* @FREE" emerge -ND world && USE="deblob" emerge ck-sources && echo 'Let There Be FREE!!'
loading cpu0: 0.8% cpu1: 2.9% cpu2: 0.2% cpu3: 1.7% 4x Intel® Atom® Processors 1500MHz
dummy

web design!! hosting service (~\500/m)